読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imterlawの日記

郊外にぽつんと立った豪華な屋敷

「ポケットモンスター赤・緑」のしねしねこうせんは本当に「死ね死ね光線」だったのか

ポケットモンスター赤・緑ポケモンの第一作目。

「セレクトボタン一つで未知の世界へひとっとび」でおなじみのこの作品、ミュウを釣ったり壁を抜けたり、ゲームの「ワクワク」というものを僕らに教えてくれる、掛け値なしにいいゲームだ。

ジムバッジを8個集めてチャンピオンを殴りに行く、ポケモン図鑑を完成させる、この二つが確か主人公の目的だったように思えるが、覚えているだろうか。まあ、そんなことはどうでもいい。

今回私が注目するのは7番目の「グレンタウン」のジム、のギミックであるクイズゲームのそのまた一問、

わざマシン28とはしねしねこうせんである?」だ。

このフレーズはそれなりに有名だ。当時、幼稚園生だった私の心にも強烈に印象に残ってる。「なにがしねしね光線だよwwwwwそんな技ないじゃんwww」と無邪気に笑い、「いいえ」を選んだはずだ。それともレベル上げのためわざと間違えてトレーナーと戦闘したかもしれない。まあどちらかだろう。

 この問題を素で間違えるなんて人はいないんじゃあないだろうか。しかし、わざマシン28が「あなをほる」であることをきちんと覚えてこの問題を正解した人は少ないと思う。

なぜこの問題を自信を持って正解できるか、それは「しねしねこうせん」のフレーズ自体の突飛さが深くかかわってくる。

ポケモンの技はすべて7文字以下なのに、この「しねしねこうせん」はそれを軽く超えてくる規格外の名前だ。「しねしね」、から漂う間抜けさもまた趣深い。「しねこうせん」の陳腐さと比較してみれば一目瞭然だろう。「しねしね」としねを繰り返すことで「しね」という単語に付きまとう刺々しさが抜き取られている。

ここで私はこの「しねしね」を「死ね死ね」である、と自然に解釈してる。それは果たして正しいのだろうか。今更ながら疑問に思ってしまった。

ポケモンはブラックユーモアが多分に含まれたゲームだが、「死ね」という直球150kmオーバー単語をそうやすやすと使えるとは思えない。他の可能性はないのだろうか。

 こんなものに正解はないのだから適当に仮説でも立てていこう。

 

1 何か物が萎れる「しねしね」という擬音ではないか説。

 「しにゃしにゃ」光線でも「しおしお」光線でもいいが、まあそんな感じの意味なのかもしれない。

が、私は何かが萎れるときに「しねしね」という擬音を使ったことは一度もない。

こんな擬音は存在するのか?擬音語辞典でも手元にあればいいのだが、ないので確かめられない。

仕方ないからグーグルで「”しねしね”」で検索をかけてみると、「しねしねこうせん」のニコニコ大百科が一番上に引っ掛かる。他の検索結果もあんまりめぼしい物はなさそうだ。

やる気をなくしてきた。

 

2「しねしね、光線」ではなく 「死ね!死猫、失せん!」ではないか説。

死んだ猫が夢枕に立つ、そんな状況に立たされたグレンタウンジムリーダーのカツラ。安眠を妨げる猫の怨霊に対する、カツラの悲痛な叫びを技マシンにしたのが、何を隠そうあの技マシン28、「しねしねこうせん」だったのだ。カツラがハゲたのも、日々死猫に悩まされるストレスのせいだとすれば……物語がすべてつながってしまった。

もうこれが正解でいいのではないだろうか。

3 「はかいこうせん」のタイプミス説。

グレンタウンジムのカツラがあのクイズマシンにクイズを入力する時、本当は「はかいこうせん」と打とうと思ったのに失敗して「しねしね光線」になったのかもしれない。

「どうやってそんなタイプミスをするのか」、「誰かジムトレーナーとかが指摘しないのか」という野暮な質問は止めていただきたい。 

カツラが頑張ってなれないブラインドタッチに挑戦しようとしたけど、うまくいかずタイプミスしたと考えてみるんだ。「うんしょ、うんしょ、ちょうせんしゃのため、がんばってくいずをかんがえるよ!」という純粋な思いでクイズマシンにクイズを入力しているカツラの姿を想像してみろ!、吐き気がするな。

 

4 しねしね光線ではなく正確には「sinsincossin」だった説。

なんか加法定理のごろ合わせ的な奴、「咲いた咲いたコスモス咲いた」(この時点で違うが)をクイズにしようとしたけどカツラ自身が加法定理をうろ覚えだったせいで、凄まじい打ち間違えをしてしまったのではないだろうか。

技マシンと何の関係もないのは秘密だ。

 

5 やっぱり「死ね死ねこうせん」だった説

やっぱり「死ね死ね光線」だったんだよ。だってしねしね光線の英語名が「TOMBSTONY」だよ。

墓石なんだよ。やっぱり「死ね死ね」じゃあないの?はい結論出た。これが結論です(しねしね)。

 

そう、技マシン28はしねしねこうせんだったのだ。今後グレンジムに行くときにはこの「わざマシン28はしねしねこうせんである?」の質問に自信を持って「はい」と答えよう。きっと正解のはずさ。

 

 

ばか はずれです……